Posted by at

2015年01月09日

清潭洞(チョンダムドン)スキャンダル あらすじ

SBS朝ドラマ「清潭洞(チョンダムドン)スキャンダル」とMBC毎日ドラマ(月~金曜日に放送されるドラマ)「願いを言ってみて」が揃って韓国で放送を終了した。両ドラマは60代以上の女性視聴者から熱い支持を得て、幕を下ろした。

3日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると今月2日に放送された「清潭洞スキャンダル」の最終回は21.0%(全国基準)の視聴率を記録した。性年齢

別では60代以上の女性が23%ともっとも高い視聴者構成比を見せた。初放送(9.1%、2014年7月21日)と比べると、最終回で2倍以上高くなった数値を見せた清潭洞(チョンダムドン)スキャンダル DVD

同日放送終了した「願いを言ってみて」は15.1%の視聴率で、60代以上の女性が28%ともっとも高い視聴者構成比を記録した。初回放送視聴率(8.6%、2014年6月23日)と比べ、最終回は約2倍高くなった数値で快挙を成した。

「清潭洞スキャンダル」は逆境を乗り越えて成功したチェ・ジョンユンの姿で、「願いを言ってみて」はキ・テヨンとオ・ジウンの結婚でそれぞれハッピーエンドとなり、視線を引きつけた。  


Posted by 奇皇后 at 11:16 Comments(0)

2014年11月18日

「帝王の娘」女優ソ・ヒョンジンに再会“強烈なキス”

何より「帝王の娘」はスベクヒャンのためのドラマであり、女優ソ・ヒョンジンを再発見できる作品であった。
ソ・ヒョンジンはMBC「火の女神チョンイ」に続き「帝王の娘」に出演し、“時代劇専門女優”となった。
ソ・ヒョンジンの優雅な魅力は時代劇で輝きを増し、「帝王の娘」でそれを証明して見せた。
姉であるソルナンの運命を自分のものにし、偽者のスベクヒャンになる妹ソルヒ役を演じるソウは、欲望に満ちた女性の姿をポスターに表現した帝王の娘スベクヒャン DVD
「月が恥ずかしくて、雲の後ろで身を隠すほどの美貌の女性」というキャラクターの設定に合わせて、大きなアクセサリーと赤い衣装で華麗な美しさを放った。
また他のポスターには、自分が嘘のスベクヒャンだという事実がばれるのではという思いで、戦々恐々としながら姉のソルナンを密かに見守るソルヒの姿が描かれている。
続けて、「ただ一つだけ変わったことがある」とし、「フランスに旅行に行ったとき、最初はみそ鍋やサムギョプサルばかりを食べたがったが、パンも好きになったようだ」と食べ物の好みの変化について説明した。
また、「生まれ変わってもまたハン・ガインと結婚するか?」というリポーターの質問に、「結婚はハン・ガインとして、恋愛は…」と語尾を濁し、撮影現場は笑いの渦に包まれた帝王の娘スベクヒャン DVD
「帝王の娘」は百済(ペクチェ)武寧(ムリョン)王の娘であるスベクヒャン(ソ・ヒョンジン)の波乱万丈な一代記を描いた時代劇である。
最終話では帝王となったミョンノン(チョ・ヒョンジェ)がソルナン(ソ・ヒョンジン)がスベクヒャンであったために自身から離れたことを知り、彼女の元を訪れる場面が描かれた。
スベクヒャン(100年に一度だけ咲くという花)の下でついに出会った二人は将来を誓った。
ソルヒ(ソウ)とジンム(チョン・テス)もお互いの傷を癒やし合い、ハッピーエンドを迎えた。
「帝王の娘」は「ホジュン~伝説の心医~」の後番組として夜9時よりの放送であった。
大作時代劇を目指していた「ホジュン~伝説の心医~」の不振で「帝王の娘」への関心も低かった。
しかし、「帝王の娘」はマニア層ができるほどのウェルメイド時代劇として好評を受けた。ソルナンとソルヒの厳しい対立を上手く表現した緻密な構成のストーリーや百済時代の華やかさを盛り込んだ演出が注目を浴びた帝王の娘スベクヒャン DVD。  


Posted by 奇皇后 at 11:54 Comments(0)

2014年08月30日

「奇皇后」チュ・ジンモ、どこでもハ・ジウォンを見守る“ロマンチックな王”

俳優チュ・ジンモが一途な純愛で女心を刺激している。

MBC月火ドラマ「ハジウォン 奇皇后dvd」(脚本:チャン・ヨンチョル、演出:ハン・ヒ)で、高麗の王ワン・ユ役を熱演中のチュ・ジンモが、どこでもキ・スンニャン(ハ・ジウォン)を見守るヒマワリのような愛で人気を博している。

前話では、スンニャンが女性であることが明かされ、危機に直面した。タン・ギセ(キム・ジョンヒョン)はそんなスンニャンを犯そうとし、ワン・ユはスンニャンを助けるために奮闘した。スンニャンが女性だということに驚く暇もなく、病んだ体を動かした。

死の危機から目覚めるとすぐスンニャンの名前を呼んだのはもちろん、ワン・ゴ(イ・ジェヨン)に捕まった後もスンニャンの手を握り、彼女を安心させた。一人の男性として、また王として、スンニャンに「必ず生き残るんだ」と命令するシーンも、ヒマワリのような愛そのものだった。

ワン・ユは放送の序盤からスンニャンと対立したが、彼女を嫌うよりも大切に思う気持ちのほうが大きくなり、妙な感情が芽生えていた。誰もスンニャンが男装をしていることを知らない状況の中で、スンニャンに見せるワン・ユの眼差しに、忠臣のパン・シヌ(イ・ムンシク)、チェ・ムソン(クォン・オジュン)すらワン・ユの性向を疑ったほどだった。

これまでのドラマで頻繁に描かれていた王の姿は、権力をむちゃに振るったり、大臣たちの操り人形になっている王がほとんどだった。しかし、チュ・ジンモは国と民を助けるために体を捧げる献身的な王を演じ、真の王の一面を見せ付けている。

また時折スンニャンと見せる絶妙なラブストーリーでロマンチックな男の魅力までアピールし、DVD販売ワン・ユという人物への好感度を高めている。  


2014年08月30日

「奇皇后」本日(28日)放送スタート、3つの見所とは?

MBC新月火ドラマ「奇皇后 DVD」(脚本:チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン、演出:ハン・ヒ)が本日(28日)夜10時から韓国で放送をスタートする。

「奇皇后」は高麗の平凡な女性が中国・大元帝国の皇后に君臨することとなる波乱万丈の過程を描いた作品だ。「大祚榮(テジョヨン)」「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志<チョハンジ>」などのヒット作を通じて執筆力を認められたチャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン脚本家の新作として期待を集めている。

特にハ・ジウォン、チュ・ジンモ、チ・チャンウク、ペク・ジニならびにキム・ソヒョン、イ・ムンシク、キム・ヨンホ、チョン・ウンイン、クォン・オジュン、キム・ジョンヒョン、チン・イハンなどの演技力を備えた俳優たちが集まった。壮大なスケールと俳優たちが総出動した「奇皇后」の見所を確認してみよう。


“安心して見られる女優”ハ・ジウォンが描く皇后の姿は?
「チェオクの剣」「ファン・ジニ」以来7年ぶりに時代劇にカムバックするハ・ジウォンが演じる皇后がどんな姿になるのか期待が集まっている。キ・スンニャン(ハ・ジウォン)は元に貢女(一般に女性を朝貢品の1つとして献上すること)として連れていかれるが、自分に降りかかった運命と正面から戦い、皇后の座まで上り詰める人物だ。いわゆる“安心して見られる女優”であるハ・ジウォンは、アクションから切ないラブストーリーまで完璧にこなして期待を裏切らずに、皇后の魅惑的なカリスマ性と共に温かい人間的な面も盛り込んで演じるという抱負だ。


“確かな執筆力”チャン・ヨンチョル&チョン・ギョンスン脚本家の新作

「大祚榮」「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志」などでその執筆力を認められたチャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン脚本家の新作という事実だけでも多くの視聴者の関心が集まっている。チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン脚本家は今月24日に開かれた制作発表会で「2008年ごろ、ある歴史ドキュメンタリーを通して奇皇后という人物を知り、このドラマを企画するようになった」とし「歴史的人物と虚構の人物を混ぜた“ファクション(事実(Fact)と虚構(Fiction)とを織り交ぜた作品)時代劇”であり、ある女性が皇后になるまでの過程を完成度の高い台本と高いクオリティで描いていく」と明かした。


中国でのロケ撮影による華麗な映像
「奇皇后」は、中国浙江省に位置する横店影視城(Hengdian World Studios)で撮影を行った。大規模な冊封式(任命式)を華麗かつ壮大なスケールで撮影をした。また、ドラマでハ・ジウォンが身に着けた大礼服(宮中の儀式・饗宴のときに着用する礼服)やチ・チャンウクの皇帝服などが一気に視線を引き付ける予定だ。ハ・ジウォンのアクションと弓の腕前も見逃せない見所であり、DVD販売またチュ・ジンモ、チ・チャンウク、ペク・ジニ、キム・ソヒョン、イ・ムンシク、キム・ヨンホ、チョン・ウンイン、クォン・オジュンなど名俳優たちの熱演も欠かせないポイントになると見られる。  


2014年08月30日

「奇皇后」ハ・ジウォン&チ・チャンウク

「奇皇后」ハ・ジウォンの大礼(宮中の儀式・饗宴)の写真が話題になっている。

28日に放送されるMBC新月火ドラマ「奇皇后 DVD」の大礼のスチール写真が27日に公開された。

公開された写真の中には華やかな髪飾りを付け、強烈な赤い皇后の服装をしたハ・ジウォンと威厳あふれる金の刺繍が施された皇帝の服装をしたチ・チャンウクがお互いを見つめ、大礼を行う姿が盛り込まれている。

ハ・ジウォンとチ・チャンウクの大礼はドラマで重要なシーンの一つで、視聴者の視線を虜にするほど大きなスケールを誇っている。中国の皇室のセットスタジオを背景に行われたこのシーンは壮大なシーンの演出のために小物一つ一つにまで気を使い、実際の大礼のような壮観さを成し遂げたとのことだ。

「奇皇后」の制作陣は「大事なシーンであるだけに、スタッフも出演者も苦労した撮影だった」と述べ、「ハ・ジウォンとチ・チャンウクは撮影が長引いたにもかかわらず、疲れた様子を見せずに冗談を交わしたりしながら現場に活力を吹き込み、雰囲気をリードしてくれて、素敵なシーンに仕上がったようだ。初回の放送を見守ってもらいたい」と伝えた。

「奇皇后」は大元帝国の支配者として君臨する高麗女性の愛と戦いを描いた全50話の大作で、「大祚榮(テジョヨン)」「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志<チョハンジ>」などのヒット作を通して力強い筆力で認められたチャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン脚本家の新作だ。

ハ・ジウォン、チュ・ジンモ、チ・チャンウク、ペク・ジニが出演するMBC月火ドラマ「奇皇后」は本日(28日)月曜の夜10時より、韓国ドラマDVDで放送がスタートする。  
タグ :奇皇后